TOP || 終了したイベント・企画展

終了したイベント・企画展





小山乃文彦  陶展  2017年5月13日(土)〜30日(火)
久しぶりに小山さんにお会いして、花が咲いたように
綺麗な白い器を見た瞬間に展覧会のお誘いをしていました。
吸い込まれそうなほど白く清らかな粉引の器です。
ぜひご覧ください。






小澄正雄  ガラス展  2017年4月22日(土)〜5月9日(火)
当店でははじめての開催となる小澄さんのガラス展。
ガラスという素材で日本的な形を追求する珍しい作り手です。
控えめで品のよい輝きが食卓に程よい瑞々しさをもたらしてくれるでしょう。






きりものつらら vol.3 〜読書空間に音楽を〜
4月7日(金)〜11日(火)  11:00〜18:00


--------

「きりものつらら」とは?

「或るもの」 と「或るもの」を切ってつなげて = 「新しいもの」
が生まれるように、繋がった時の『科学反応』を表している造語です。

「読書」+「音楽」という空間に「お茶」や「お菓子」などが重なり、
 その時手にした本たちは 今後、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の
 いずれのキオクで繋がってゆくのでしょう。

--------






矢尾板克則  陶展  2017年3月4日(土)〜21日(火)
前回の矢尾板さんの個展から3年が経ちました。
今回は器(カップ、マグカップ、ポット、皿など)や花器や陶板、noteなど
いま取り組んでいる作品をいろいろ持ってきてくださるそう。

色と形の組み合わせで生じるなんともいえないおもしろさ。
ユーモラスでありながらどこか悲しみを帯びたような表情。
矢尾板さんの作る世界をぜひご覧ください。






村木雄児  陶展  2016年11月19日(土)〜12月6日(火)
ひとつの器に、たくさんの魅力がつまっているように思います。
使うたび心休まるような、大切にしたい器です。






珈琲の器〜寒川義雄  陶展  2016年12月10日(土)〜27日(火)
今回は、寒川さんからの提案で珈琲にまつわる器の展示となりました。
奥様が自家焙煎の珈琲を出すカフェをしているとあって珈琲まわりのアイテムはお手のもの。
控えめながらもスパイスのきいたアイテムがそろいます。






山本亮平・ゆき展  2016年9月24日(土)〜10月11日(火)
佐賀県有田町で、初期伊万里への憧れからはじまったという
素朴でありつつ繊細で美しい器を作る山本亮平さんと
絵付けを担当されている奥様のゆきさんお二人の展示会です。
染付、白磁、青磁、できれば唐津も、とおっしゃっていただいています。






鳥山高史  ガラス展  2016年7月23日(土)〜8月9日(火)
独特のゆらぎのある表情が美しいガラス。
グラス、ピッチャー、鉢、花器といったガラスの器の他、
ガラスにステンレスを組み合わせた蓋物などいろんなアイテムが届きます。






ヤオイタカスミ(服)・吉沢小枝(アクセサリー)・坂田典子(革)  三人展  2016年6月4日(土)〜21日(火)
さらりと気持ちのいいリネンの服
質感のいい金属のアクセサリー
上質で遊び心のある革のバッグ






加藤良行  木工展  2016年5月14日(土)〜5月31日(火)
宮大工で身につけた技術を活かして作る力強くも繊細な木の器やカトラリー。
オーバルボウルやコーヒーメジャーといった馴染みのアイテムに加え、
少しずつ増えているという新作のアイテムも届きます。






松岡えりこ  かご展  2016年4月23日(土)〜5月10日(火)
クルミやヤナギの樹皮、アケビの蔓など
十勝・上士幌の野山から採取した素材を使った
自然の力強さを感じられる素敵なかごが届きます。






田谷直子  陶展  2016年4月2日(土)〜19日(火)
さりげない美しさと使いごこちのよさ。
なにげなく日々手に取る、そんな器です。






広川絵麻  陶展  2016年3月12日(土)〜29日(火)
自然から採れたように伸び伸びとおおらかな器。
たくましく、しっかりとした根の強さを持っているように思います。






竹本ゆき子  陶展  2015年11月28日(土)〜12月15日(火)
ひとつひとつ向き合いながら丁寧に作られたことが伝わってきます。
じっくり長く付き合えるいい器だと思います。






石原多見子  陶展  2015年10月24日(土)〜11月10日(火)
植物の種、虫の抜け殻。自然がつくるカタチ。
季節とともに移ろいゆくものを留めたような陶のオブジェとそのかけらのような器。







秋の草花 〜みたての手習い「なげいれ」、秋の草花と花入〜
2015年10月3日(土)〜10月20日(火)


京都の『花屋 みたて』さんを講師にお迎えして花の教室をいたします。
また、みたてさんが選ぶ秋の草花や、6名の作家による花入の販売もございます。
秋の草花をお楽しみください。(詳細はこちら





鈴木努  木工展  2015年9月12日(土)〜9月22日(火)
使い勝手と美しさにこだわり、とことん磨き上げられた作品たち。






井上美樹  ガラス展  2015年5月30日(土)〜6月9日(火)
吹きガラスの軽やかで自然な伸びやかさ、
澄んだガラスの美しさをぜひご覧ください。



石原稔久(陶)・いぶきみのり(布)  二人展  2015年4月4日(土)〜4月14日(火)
物語のある人形や温かみのある器を作る石原稔久さんと、思いのまま自由に布を使って服やバッグを作るいぶきみのりさん。
今回おふたりから届いたテーマは「はんい」。おふたりそれぞれが思う好きな「範囲」をぜひ確かめにいらしてください。

「はんい」

自分の好きな白い色
まあるい形
飲みごこちや着ごこち
自分の好きなその範囲







岩田圭介  陶展  2015年2月21日(土)〜3月3日(火)
ころんとしていたり、スッとしていたり。ツルツルだったり、ぎざぎざだったり。
独特の形や質感をした器は、何度も手にとって見たくなる不思議な魅力です。




村木雄児  陶展  2014年11月29日(土)〜12月9日(火)
ひとつの器に、たくさんの魅力がつまっているように思います。
使うとほっとする、ずっと大切にしたい器です。




寒川義雄  陶展  2014年9月27日(土)〜10月7日(火)
古いものを愛する寒川さん独自の視点で作られた器。
制作中という猿山修氏デザインのシリーズも途中経過としてご覧いただけることになりました。




暮らし用品展  2014年9月13日(土)〜23日(祝・火)
当店初の出張ショップが、兵庫・芦屋の「スペースR」に期間限定オープン。
9月15日に奈良の出張茶館「喜喜茶(きちゃ)」さんによる台湾氷と台湾茶の会、
9月20日に移動食堂屋「WOOST engine meals」さんによるちらし寿司ランチ&スイーツの会も開催。(どちらも要予約)
いずれも当店の作家の器を使って楽しんでいただきます。(詳細やご予約はこちら






鳥山高史  ガラス展  2014年7月18日(金)〜7月29日(火)
ゆらぎのある表情が美しく、軽くて丈夫なガラス。
グラス、ピッチャー、ぐいのみ、ステンレスのカトラリーなど。
当店では昨年につづき二回目の個展です。





杉村徹  木工展  2014年6月20日(金)〜7月1日(火)
軽やかなノミ跡、スッとした美しい佇まい。
木の器やトレーなど食卓まわりのものを中心に
スツールなどの家具も届きます。





春の草花 〜みたての手習い「なげいれ」、春の草花と花入〜  2014年5月24日(土)より
京都の『花屋 みたて』さんを講師にお迎えして「なげいれ」教室をいたします。
また、みたてさんにご用意いただく春の草花の販売や、6名の作家による花入の販売もございます。
清々しい春の草花をお楽しみください。(詳細はこちら






矢尾板克則  陶展  2014年4月25日(金)〜5月6日(火)
カラフルな色、ユーモラスな形、イラストと言葉たち。
矢尾板さん独特の世界をぜひご覧ください。





小皿と小鉢展  2014年2月7日(金)〜 2月18日(火)
(参加作家) 石原稔久、尾形アツシ、寒川義雄、竹本ゆき子、田谷直子、鶴見宗次、鳥山高史、村木雄児

8人の作家が、カタチや表情さまざまに小皿と小鉢をつくります。
「これくらいのサイズを探してたんです」そう言っていただけるような器が並びます。





村木雄児  陶展  2013年11月22日(金)〜12月3日(火)
ひとつの器に、たくさんの魅力がつまっているように思います。
使うとほっとする、ずっと大切にしたい器です。





田谷直子  陶展  2013年9月27日(金)〜10月8日(火)
さりげない美しさと使いごこちのよさ。
なにげなく日々手に取る、そんな器です。

<みたての手習い「なげいれ」ご案内>
田谷直子さんの個展にともない、京都の『花屋 みたて』さんを講師にお迎えして「なげいれ」教室をいたします。
田谷さんの花器をつかって秋の草花を楽しみましょう。(詳細はこちら


あべの王子みのり市  出店  2013年10月12、13日(土、日)  10:00〜15:00
有機野菜にナチュラルフード、古道具やクラフト雑貨など、こだわりのお店がたくさん列びます。
阿倍王子のにぎわいと秋の実りに感謝を込めて、懐かしく新しい「あべの王子みのり市」に是非お越しください。
あべの王子みのり市について⇒





鳥山高史  ガラス展  2013年7月12日(金)〜23日(火)
ゆらぎのある表情が美しく、軽くて丈夫なガラス。
グラス、ピッチャー、ぐいのみ、瓶、蓋もの、ステンレスのカトラリーなど。



昭和のまちのバイローカル  出店  2013年4月29日(月・祝)  10:00〜16:00
大阪・阿倍野区桃ヶ池公園内で開催されるイベントに参加いたします。
パン、お菓子、お弁当、古道具、植物などを販売する昭和町周辺の29店舗が集まります。
当日は、お店は閉めて桃ヶ池公園の方でのみ出店いたします。
「昭和のまちのバイローカル」について⇒






寒川義雄  陶展  2013年3月8日(金)〜17日(日)
古いものを愛する寒川さん独特の視点で作られた器。





マグカップ展  2013年2月8日(金)〜 2月17日(日)
7人の作家が、カタチや表情さまざまにマグカップをつくります。
ポットやミルクピッチャー、菓子皿など、マグカップまわりのアイテムも並びます。
(参加作家) 石原稔久、石原祥充、小山乃文彦、田谷直子、鶴見宗次、西川聡、矢尾板克則





石原稔久  陶展  2012年12月7日(金)〜16日(日)
手びねりの器と、陶の人形。
手びねりという技法で作られた器と、陶の人形や動物たち。
カップやマグカップ、ポット、新しく挑戦する菓子皿のシリーズ、干支の人形など、
冬の寒い日に心が弾む、温かみのある作品が並びます。



あべの王子みのり市  出店  2012年10月14日(日)  10:00〜15:00
昨年からはじまった、阿倍野王子神社境内にて開催される市に出店します。大阪のいいものがたくさん集まるそうですよ。
当日は、お店も開ける予定ですので、みのり市の帰りにお店の方にもお立ち寄りいただければと思います。
あべの王子みのり市について⇒






飯碗展  2012年9月14日(金)〜 9月23日(日)
10人の作家が、カタチや表情さまざまに飯碗をつくります。
200点以上がズラリと並ぶ、飯碗だけの展示会です。
(参加作家) 浅井純介、石原稔久、岩田圭介、小山乃文彦、寒川義雄、田谷直子、鶴見宗次、西川聡、広川絵麻、村木雄児