TOP || つちや織物所

つちや織物所  Tsuchiya Orimono




奈良市内でありながら竹林に囲まれ鳥の鳴き声だけが聴こえてくるような 気持ちのいい環境のなかで、数名のスタッフの方とともに制作されています。

工房にうかがった際には、一階の座敷には日本の古い竹製の糸車が、 二階には大きな織り機が何台もならびスタッフの方が手を動かしていらっしゃいました。

つちや織物所には、
工房内で手紡ぎ、染め、手織りされた希少な布を使った品もあれば (当店では”手織り湯呑み敷”を作っていただいています)、
機械織りながら織物の味わいが感じられるように工夫されたオリジナルの生地を使った品などもあります。(コースターや鍋つかみなど)

どちらの布も最終的には人の手で裁断、縫製し、きっちりと納得のいく出来に仕上げられています。

布を織るための糸は可能な限り日本で作られている素材を使い、 出来上がったそれぞれの布のもつ風合いを吟味しながら 現代のライフスタイルにあうよう工夫された品を生み出されています。

最近では奈良の畑で綿花を育てていらっしゃるそうで、 その土地で採れた綿を使い布を作りたいという思いを形にしようとされています。
<写真>
上)工房からの景色。木に囲まれた静かな場所。
中)工房では織り機に糸を掛ける作業の最中でした。
下)奈良の畑で収穫された綿花。