TOP || 鶴見 宗次

鶴見 宗次さん


鶴見宗次さんは常滑で作陶されています。

粗めの土を使い灰を水に溶いたものを掛けています。生地に含まれた鉄分がところどころで赤茶色に発色し金属のような質感をつくっています。

鶴見さんの器は、そのゴツゴツとした表面の朴訥とした表情とは裏腹に、立体的でとても緻密な形をしています。

それは、轆轤(ろくろ)とはまったく違う形の作り方で、手びねりで直接的に自分の手で形を作り出していくということ。すごいなあ、おもしろいなあと思います。